ライフストーリー研究所(心理療法 カウンセリング セラピー)トップイメージ

ライフストーリー研究所(心理療法 カウンセリング セラピー)サイトコンテンツ

相談内容
 
■不安や心配事/無気力で何も手につかない。      
心療内科や精神科で鬱病や統合失調症と診断されて通院しているけれどもあまり改善しない。・・・・・・・・・・etc
家族や友人のことで悩んでいる。夫婦間・親子間で最近うまくいっていない。
いつも他人に過剰に意識してしまう。人と話すのが苦手。
自分に自信がない。子供のことで悩んでいる。ストレスがたまってくる。・・・・・・・・・・etc
    【会員制】
    ご登録・ご予約のお客様皆様の有意義且つ大切な時間を守る、完全予約制。
初回:10,000円(1時間) +交通費実費
2回以降 :7,000円(1時間) +交通費実費
◇面接時間◇
60/各回セクション
*初回面接の場合、会話(面談)の状況により少しお時間(5分位~10分位の延長)を頂く場合がありますことをご了承ください。
 その場合には、延長料金は発生致しません。
 
【ご依頼時下記をご記入ください】
◇氏名 ◇年齢 ◇性別 ◇住所 ◇連絡先 ◇メール ◇緊急連絡先 ◇希望日時
◇事前に知っておいてもらいたい事など
上記ご記入頂きましてご連絡くださいませ。確認出来次第、こちらより連絡致します。
*予約状況により、ご連絡が遅くなる場合がありますことをご了承くださいませ。 
 
◇ご予約キャンセルする場合の必要事項
 キャンセルをご希望のお客様は、お手数ですが、速やかにその旨をメールもしくはFAXでご連絡ください。
 尚、下記のようにキャンセル料が発生する場合がありますので、事前にご確認くださいませ。
*前日のキャンセル料:3,000円
*当日のキャンセル料:6,000円

*申込はこちらからお願致します。実費交通費はご依頼主ご負担となります。

 

【心理カウンセリングのおおよその手順】

メールフォーム(こち)に必要事項を明記し送信。

確認後、ライフストーリーより、お預かりした情報の確認

及び日程調整のご連絡とご案内

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓■◇◇■◇■□◇■

初回日時の決定

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓■◇◇■◇■□◇■

 初回面接

費用等のお支払いは、当時セラピー終了後の清算となります。

継続面接については、お互いに話し合いのより決定いたします。

継続の場合は、次回の面接日時を設定いたします。

(尚、こちらが継続は必要ないと思われ鵜場合及び当カウンセリングが合わないと希望する場合は、終了とさせていただきます。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓■◇◇■◇■□◇■

必要な次回の面接

その都度、状況を確認しながら、お互いに話し合いにより決めていきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓■◇◇■◇■□◇■

当カウンセリング終了

これまでご利用ありがとうございました。

またいつでも必要な時にご連絡いただければ幸いです。

これまで以上にセラピーの向上に努めていきます。

ありがとうございました。

*初回セクションから二回目のセクションへの期間をおよそ2~3週間設けています。

その後のフォローアップが必要な場合は、その時の状況により対応致します。

原則としては、予約日時に近い日でのキャンセルは受け付けておりませんが、

緊急的な事情・やもえない事情等については、ご気楽にご相談ください。


  
   セラピーライフストーリー株式会社サイトコンテンツ

コミュニケーションに関することテーマ・内容・その他について御手数ですがお問い合わせください。

◇いまさら聞けないコミュニケーションのこと。

◇褒めなくっても叱らなくってもいい。ただ提供してあげればいいそれを。

セラピーライフストーリー研究所サイトコンテンツ

上記について、御手数ですが、事前にお問い合わせください。

セラピーライフストーリー研究所サイトコンテンツ

推奨セラピー及び使用している心理療法(現在)

 ブリーフセラピー

「短期療法」とも訳されており、どうクライアントと関わり効果的な面接とし結果的に短縮できるのかをこだわって開発されたモデルである。 MRI、SFA、ナラティヴなどもそれらに含まれて紹介される場合がある。
ソリューション-フォーカスト・アプローチ(SFA )
(問題や原因よりも)解決に焦点を合わせて援助していくアプローチ。
クライアントの強さや力に注目し、彼らのリソース・可能性へ活力を与え活性化させながらより現実的な解決の構築を目指すアプローチ。
従来の問題に焦点を合わせた「問題解決(Problem Solving)」とは発想が異にしている
サインズ・オブ・セフティ含む
ナラティヴ・アプローチ
社会構成主義をベースにした書き換え療法ともいわれている。よくない記憶に染まった状況を新しい記憶に書き換えていく。「問題が問題であり、人や人間関係が問題ではない」という前提(解釈学)を持つ。ナラティヴには、コラボレーション・リフレティンブ・アプローチなどがある。当研究所では、コラボレーション及びリフレティング・アプローチ並びにオープン・ダイアログなどを中心に学習しています。
上記のような当事者主体(当事者を尊重した)の心理援助の哲学・解釈学を軸として取り組んでいます。
 

 

inserted by FC2 system